診療案内
通常の矯正治療インプラント矯正舌側(裏側)矯正ハーフリンガル外科矯正部分矯正
通常の矯正治療(唇側矯正/表側矯正)
通常の矯正治療
通常の矯正治療は、「ブラケット」と呼ばれる小さなボタンのような装置を接着剤で歯の表側につけます。そのブラケットに矯正用のワイヤーを装着し、ワイヤーの弾性を利用することで歯を少しずつ動かしていきます。ブラケットには金属製、透明なプラスチック製、乳白色のセラミック製などがありますが、当クリニックでは基本的に目立ちにくい装置を使用しております。また、歯を動かすためには、ゴムやバネの力を利用します。予定の位置まで積極的に歯を動かした後は、ブラケットやワイヤーなどの装置はすべて取り外し、次に「リテーナー」と呼ばれる装置に切り換えます。このリテーナーは動かした歯が元に戻らないように押さえておく保定装置で、取り外しのできる簡単なマウスピース型のものや、ワイヤーを接着するタイプなどがあります。
このページのトップに戻る
インプラント矯正(できるだけ歯を抜かない矯正)
インプラント矯正
インプラント矯正
インプラント矯正とは、通常の矯正治療と併用して、歯を動かすときの確実な支えになる「矯正用インプラントアンカー」という装置を用いる、とても応用範囲が広く非常に有効な最新の治療方法です。従来の矯正治療では、前歯の凸凹を治すために歯列の途中の歯(小臼歯)を抜いて治療する場合が非常に多かったのですが、インプラント矯正では今まで困難とされていた、「奥歯を後方に動かす」、「奥歯を沈める」といった歯の動きが容易にできるようになったため、小臼歯を抜かなくても治療できることが多くなりました。(ただし親知らずがある場合は親知らずを抜歯します。)同様に、いままでは顎の骨の手術を併用しなければ治療することが困難であった外科矯正が適応のケースでも、インプラント矯正により顎の骨を手術しなくても治療できることも多くなりました。また、歯を確実に動かせるようになるため、従来よりも仕上がりが良くなったり、治療期間が短縮されることもしばしばあります。そのほかにも、抜歯する矯正治療の場合や特殊な歯ならびの矯正治療でも応用ができるとてもメリットの多い治療法です。インプラントアンカーには現在のところ、チタン合金製のミニプレート(小さく薄い金属板)や、ミニスクリュー(小さなネジ)などがあり、これらを簡単な小手術で顎の骨に固定して用います。チタンは生体適合性に優れた金属で、骨折の接合や人工関節、人工心臓弁、人工歯根などに用いられています。インプラントは口腔内に固定されるので、装着後に外から見えることはほとんどありません。インプラントは歯を動かす期間だけ一時的に使用するものであり、矯正治療が終了すればインプラントは撤去します。
インプラント矯正のメリット
  • 歯列の途中の歯を抜かなくても矯正治療ができる場合が多くなりました。
  • 難しいケースでも確実に治療ができるようになりました。
  • 外科矯正を回避できる場合が多くなりました。
  • 従来よりも仕上がりが良くなったり、治療期間が短縮されることが多くなりました。
インプラント矯正のデメリット
  • 治療費用が高くなります。
  • 装着直後に顔が腫れることがあります。(数日で治ります)
  • 矯正治療中にインプラントの周辺がときどき腫れることがあります。
  • 腫れ(炎症)がひどくなると、インプラントが不安定になり、場合によっては固定しなおすことがあります。
このページのトップに戻る
舌側(裏側/リンガル)矯正(見えない矯正装置)
Loading…
舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とは、通常の矯正治療とは逆に、歯の裏側に装置(ブラケット)をつけて歯ならびを治す治療法です。装置を歯の裏側につけるため、外からはほとんど矯正装置が見えないのが特徴で、装置を極力見せたくない方や、職業上装置が見えると困る方などにたいへんお勧めです。以前は舌側矯正用のブラケットもサイズが大きく舌の違和感が大きかったのですが、最近ではサイズも小さく形状が工夫されているものがあり、当クリニックではできるだけ違和感の少ないものを使用しております。また、歯の移動を確実にするために、矯正用インプラントを併用することもよくあります。
舌側矯正のメリット
  • 矯正装置が外からほとんど見えません。
  • 歯の裏側は唾液がよく環流するので、表側に比較してむし歯になりにくい。
舌側矯正のデメリット
  • 治療費用が高くなります。
  • 矯正装置が舌に当たるので、はじめのうちは舌が痛くなることがあります。(ほとんどの場合は1、2週間で慣れます。)
  • 矯正装置が舌に当たるので、はじめのうち発音障害がでることがあります。(ほとんどの場合は1、2週間で慣れます。)
このページのトップに戻る
ハーフリンガル
ハーフリンガルとは、普段外から見えやすい上の歯列には歯の裏側に装置を付け、比較的目立たない下の歯列には歯の表側に矯正装置を付ける治療法です。上下とも歯の裏側に装置を付ける舌側矯正(フルリンガル)に比べて、費用が安くなります。
ハーフリンガルのメリット
  • 通常の矯正治療に比べて矯正装置がかなり目立ちません。
  • 上下とも裏側矯正(フルリンガル)に比べて、費用が安くなります。
  • 上下とも裏側矯正(フルリンガル)に比べて舌の違和感や発音への影響が少ないといわれています。
ハーフリンガルのデメリット
  • 通常の矯正治療に比べて治療費用が高くなります。
  • 矯正装置が舌に当たるので、はじめのうちは舌が痛くなることがあります。(ほとんどの場合は1、2週間で慣れます。)
  • 矯正装置が舌に当たるので、はじめのうち発音障害がでることがあります。(ほとんどの場合は1、2週間で慣れます。)
このページのトップに戻る
外科矯正
外科矯正とは、通常の矯正治療に加えて、顎の骨の手術を併用する治療法です。顎の骨の形態的な変形や、上下の顎骨の相対的な位置関係の不調和が、ある限界を超えてしまうと、通常の矯正治療で治すことが不可能になってしまうので、かみ合わせの土台となる顎の骨を手術して、根本から治す外科矯正の適応となります。外科矯正の場合「顎変形症」という疾病名が付くので基本的に健康保険が適用され、通常の矯正治療よりも治療費用が安くなります。手術の方法は様々で、下顎だけ手術したり、上顎も下顎も両方手術したり、あるいは顎の骨を部分的に手術する方法などがあります。手術は全てお口の中から行うので、基本的に顔に傷が残ることはありません。手術は当クリニックではなく、連携している東北大学病院などの医療機関で行います。

外科矯正の基本的な流れ
目で見て分かる範囲での歯ならびの状態と、予想される治療方針・期間・費用などについてご説明いたします。ご希望のあった患者さまのみ、次の精密検査に進みます。(30~60分)
口腔内診査、各種レントゲン撮影、顔面・口腔内写真撮影、印象採得(歯の型とり)、顎機能検査などを行います。(およそ60分)
検査の結果を詳しくご説明します。その後治療プランをご提案しますので、お話し合いで治療方針を決定します。(30~60分)
通常、顎の骨の手術をする前に、上の歯と下の歯を別々に矯正治療します。期間はだいたい1~2年(症状による)で、通院間隔はおよそ1ヵ月に1回です。また、ときどき入院前の検査などを行います。
手術を行う医療機関に入院して、顎の骨を手術します。入院期間はおよそ2週間前後です。
手術後は、顎の骨が治癒するまでの間、開口練習をしたり、矯正治療をして咬み合わせの修正や微調整などを行います。期間は通常半年くらいです。通院間隔はおよそ1ヵ月に1回です。
移動させた歯が戻らないように保定装置でしっかりと保定する(押さえておく)期間です。また、この期間に顎の骨を固定しているプレートの除去を行ったりします。通院間隔は1年に2~3回です。
保定が終了してかみ合わせが安定した後は、できるだけ一生歯を保つために、むし歯や歯周病の予防に力を入れた定期観察をお勧めしております。
外科矯正のメリット
  • ほとんどの場合健康保険が適用されるため、治療費用が安くなる。
  • 顎の骨を手術して、土台から根本的にかみ合わせを治すことができる。
  • 顔の形もある程度整えることができる。
外科矯正のデメリット
  • 手術のための入院が必要になります。(術式にもよりますが、およそ2週間前後)
  • 手術時の全身麻酔のリスクがあります。
  • 手術後は顔がかなり腫れます。(術後数週間でだいたい腫れはひきます)
  • 手術後に知覚神経の麻痺・痺れ感がでます。(ほとんどの場合はいずれ消失します)
  • 手術後数週間は通常の食事が取れず、流動食になります。
このページのトップに戻る
部分矯正
部分矯正とは、全ての歯に矯正装置をつけるのではなく、治したい歯とその周辺にだけ部分的に装置をつけて行う矯正治療です。主にこどもの矯正治療や、歯周病の治療後の矯正治療、ブリッジやデンタルインプラントなどの補綴治療前の処置として行う場合が多いです。使用する装置には、通常の矯正治療と同じブラケットや、歯の裏側に装着するワイヤータイプのものなど、様々なものがあります。
このページのトップに戻る